地球から生まれる自然を身に纏う
有限会社川北縫製

「生地が裂けても、擦り切れても、着続けたくなるほど愛着のある服」そんな洋服を作るためにとことんまでこだわり抜く香川県さぬき市の縫製工場、川北縫製。美しい瀬戸内の自の中で日々モノづくりと向き合っている川北縫製の代表取締役、川北繁伸さんにお話を聞きました。

はじまりは手袋

ー創業のころはなにを作られていたんですか?

【川北】1963年に手袋工場としてスタートしました。創業者は僕の祖父なんですけど、「兄弟で同じ仕事をしたらあかん」とのことで祖父と僕の父がカットソーを始めたのが川北縫製の始まりです。

ーもともとは手袋から始まったんですね。 そういえば、手袋の縫製は難しいと聞いたことがあります。

【川北】そうなんですよ。例えば指の部分を4枚の布で縫い付けるときも、1ミリずつ誤差が出たとしたら1本の指で4ミリも変わっちゃうんですよ。だからそういうすごい精度を要求されるんですよね。軍手だとそこまで難しくないんですけど、いろいろな種類の手袋をつくるために技術が必要とされるので、昔からきっちり縫うことは大事にしていたし、もちろんその思いは川北縫製にも受け継がれています。

ー手袋工場がカットソーのブランドを持つきっかけはなんだったんですか?

【川北】1968年にカットソーを作り始めたんですけど、はじめはアメリカへの輸出モノのTシャツを主に作っていました。1ドル360円だった時期にシャツ1枚1ドルで作ってたので、ドルシャツなんて言われていたらしいです。初めの頃は売り上げもよかったらしいんですけど。オイルショックの影響でTシャツ1枚の価格が下がってしまったので、内地(日本国内)モノに切り替えたらしいです。大阪の大きなメーカーと一緒にカットソーを作り出したときには、スタッフの頑張りもあって、国内ではある程度のシェアがとれていたらしいです。それでも日本がバブルの時期にはカットソーの生産拠点が、次々に海外に移りだしたこもあって、どんどん発注が無くなっていってほとんど廃業に近い状態にまで追い込まれてしまいましたね。2001年には従業員が3人にまで減ってしまいました。

ー3人まで… 。

【川北】ほとんど廃業に近かったです。その時父が辞めて、僕が3代目社長になりました。正直その時はもうやめようかなって思いましたね(笑)。でもなにかやれることはないかなって考えた時に、価格を自分たちで決められない工賃仕事じゃなくて、自分らで作って、自分らで価格を決めて売ることができたら今よりはましになるんじゃいかって思いました。その時に始めたのが〈Tシャツ屋さん〉です。

デザイナーとの出会い

ーどんなTシャツを作っていたんですか?

【川北】お客さんに初めて直接売るんで、自分らはこんな技術があるんやでって見せびらかしたいんですね。「このステッチ見てみい!」とか、作り手はこうなっちゃうんものなんですかね(笑)。全然売れなくてなにがだめだったのか考えた時にお客さんからの目線が足りてなかったんだなと気づいて。だから次に逆の発想で〈オーダーメイドtシャツ〉を始めたんですよ。始めは若い兄ちゃんがかっこいいtシャツを作りに来るかと思ってたんですけど、実際に来たのは女性でした。体の悩みを解消したいって方が多かったですね。テレビに取り上げられたりして大ブレイクしました(笑)。でもこの時オーダーメイドで作ってたんで1つ作るのに時間がかかりすぎちゃってて、あっという間に人がいなくなっちゃいました。値段と手間の釣り合いがとれていなかったんですね。そこで次に、ネットでブランドを発信する人を応援しようっていうのを始めて。ここで当時セレクトショップのバイヤーをやっていた〈CURLY&CO〉の前デザイナーに出会いました。メンズブランドを彼と立ち上げて、しばらくした時にブランドの更なる進化のためにレディースも始めようとしたところデザイナーの廣川さんとの出会いがありました。彼女の香川県の自然と芸術への思いに大きな感銘を受けて、その思いに答えたいと思い、1から新たなブランドとして〈SANUA〉をスタートさせました。

自然を身に纏うために、細部にとことんまでこだわる

ー紆余曲折ありデザイナーと出会い、スタートした〈SANUA〉。 込められた思いを教えてください。

【川北】〈SANUA〉ではカットソーの限界を超えたいと思っています。「カットソーといえばカジュアル」というイメージだと思うんですけどそれを覆したいです。〈SANUA〉では100番手台のものすごく細い糸で編まれた生地を縫うので、針の選定などにはこだわりがあります。手間ひまかけて工夫をしながら、私たちにしかできないモノづくりに挑戦していきたいです。

  • 有限会社川北縫製

    有限会社川北縫製

    Gift from The Earth 地球から生まれる自然を身に纏う 私たちは常に、豊かな生活を自然の恵みから頂き、営むことで、肌に地球を感じることができるのです。 SANUAは「静寂の中に生命を響かせる」というサンスクリット語の造語から生まれました。細部にとことんまで、こだわり抜いてミシンを踏む。そんな思いを胸にs、山と海に囲まれた、自然あふれる瀬戸内の物語をお届けします

Text & Photo:
田副太一

独自のセンスが光るカメラワークとユニークなキャラクターが癖になる、CRAHUGの撮影・イベント担当。プライベートでは多くの時間を美術館で過ごす。写真は愛犬のハル。

Date: 2021.08.23

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND