「エジプト綿ソックス シリーズ」
ZOKZOK

明日は節分。”季節を分ける”と書いて節分と言われますが、2月3日を境に立春が訪れます。春ももうすぐそこまでですね。

とはいえ、まだまだ寒い日が続いています。体の中で一番冷たくなりやすい足先。どんな靴にも履きやすい靴下があれば、常に足元を大切に温められのに。そんな靴下が<ZOKZOK>にはあります。

まずは素材をチェック

靴下工場だからこそ知っていることの一つは、素材へのこだわりがあります。春目前のこの時季、新調するのにオススメな靴下が綿素材の靴下。綿は、夏は通気性に優れ、冬は保温してくれるオールシーズン向けの万能な素材です。

ZOKZOKの綿素材の靴下は、綿と言ってもただの綿ではありません。最高級綿糸の代表格と言われるエジプト綿を使用しています。エジプト綿のすごいところは細くて、長くて、強いところです。綿花から取れる繊維が長いほど、その繊維で織る糸はしなやかで光沢のあるものになります。エジプト綿には特に長い繊維を使用しているため、丈夫で、かつカシミヤのようななめらかさと、シルクのような光沢を生み出すことができるのです。

なにそれ、綿なのにカシミヤでシルク!?すごい贅沢な素材に聞こえますよね(笑)ZOKZOKのエジプト綿を使用したシリーズは、その特徴を存分に生かして作り出されています。

色の切り替えしも綺麗に編み込まれています。

こだわりの履き心地を

靴下へのこだわりは素材だけではなく、“履き心地”にもあります。多くの靴下を製造する中で培われた技術と良い靴下とは何なのか?という目利きは履く人に最高の履き心地をくれます。

ZOKZOKの靴下は、縫い目と縫い目のを縫い合わせる「リンキング」という技術が特にポイント。リンキングがきちんと施されていると、つま先部分にある縫い合わせの部分がよりフラットになります。

女性の方だと共感いただけるかもしれませんが、タイツのつま先がずれると少し不快ですよね。あのずれが気にならないくらいZOKZOKの靴下はつま先にかけてなめらかになっています。だから、ポインテッド型のつま先の幅が狭いパンプスでさえも相性抜群です。

鹿の子編みとは、凸凹した表面感を出す編み地のこと

品とアクセントを

細い糸で綿密に編まれた靴下。コーディネートを上品な雰囲気にしてくれますが、鮮やかな色合いの靴下を足すのもおすすめです。外し過ぎず、コーディネートのアクセントになります。いつも無難なカラーを選ぶという方にも、ZOKZOKの幅広いカラー展開から新しい色にチャレンジしてみるのはいかがでしょうか?

バイアスリブ編みとは、リブ状に斜め編まれた編み地のこと

  • 野富株式会社

    野富株式会社

    創業昭和12年。他には真似のできない緻密なものづくりの技術と実績があります。全ての機械の針数は200本~256本(ハイゲージ用)で揃えています。かつては紳士靴下を中心に取り扱っていましたが、現在はその技術を生かして婦人靴下やタイツなどの製造に注力。また海外市場、特に洋服文化圏の市場獲得を視野に入れて日々ものつくりに励んでいます。

Text & Photo:
上野結佳

若手メンバーのお母さん的存在。学生時代にニューヨークでの留学経験を持つCRAHUGのSNS担当。週末は作り置き料理を作る。好きなレシピアプリはクラシル。

Date: 2022.02.02

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND