かつて交易が栄えた道、シルクロード。様々な物がこの道を通って運ばれたわけですが、中国の特産品であった絹にちなんで“シルクロード”と名付けられたそうです。高級ラインで言えば金などもっと高級な物も行き交ったであろう中で絹が選ばれたと考えると絹ってすごいなと感じます。

今回はそんな繊維界の中でもトップを競う存在の"シルク"でできた上質な靴下のご紹介です。

繊維の女王と呼ばれる所以

ご存知の方も多いと思いますが、シルクの糸は蚕の繭から作られるたんぱく質の繊維の集合体です。素材そのものの良さはもちろんですが、この繭を育てるのがまた大変で…そのため希少=高級な繊維として知られています。

― 光沢感 シルクの繊維に含まれるタンパク質の断面は、ガラスのような多面状になっています。そのため、光が乱反射し、シルク特有の光沢感を出すことができます。

― 肌に優しい シルクの素材の服を触ってみると手触りの良さに感動したことありませんか?シルクの繊維の表面は滑らかなので、肌への刺激を抑えてくれます。着心地良し、肌触り良し。まさに繊維界のトップに君臨できるポテンシャルを持ち合わせています。

― 優れた吸湿性&放湿性 吸湿性・放湿性に優れているため、夏でもさらっとした着心地が良いのが特徴的です。靴の中に履く靴下ならこの効果はなおさらうれしいものです。蒸れたときの不快感や、足汗を抑えてくれます。高温多湿になると雑菌が増えるので、吸湿性・放湿性が高いと足のにおいも抑えてくれます。

上品な編地×シルク100%

高級繊維シルクを纏うなら、よりその上質さを体現できるものがいいと思いませんか?ZOKZOKのハイゲージで編まれた靴下ならその点を実現してくれます。

ゆったりしたひだのようなドレープ上の編地のアップ

品格のあるドレープ編みで仕上げたこちらの一足は、なんとシルク100%で編まれているんです。市販の靴下の多くは、複数の素材を組み合わせたもので、安価であればあるほど化学繊維の混率が高くなります。つまりそもそも素材100%の靴下はあまりない、そしてその中でも高級なシルクとなると中々目にすることがありません。

オケージョンやお出かけも増えるこの季節、シルク100%の靴下で足元を飾ってみてはいかがでしょうか?履いてるご自身もきっと上品な履き心地に感動しますよ。

  • 野富株式会社

    野富株式会社

    創業昭和12年。他には真似のできない緻密なものづくりの技術と実績があります。全ての機械の針数は200本~256本(ハイゲージ用)で揃えています。かつては紳士靴下を中心に取り扱っていましたが、現在はその技術を生かして婦人靴下やタイツなどの製造に注力。また海外市場、特に洋服文化圏の市場獲得を視野に入れて日々ものつくりに励んでいます。

Text & Photo:
上野結佳

若手メンバーのお母さん的存在。学生時代にニューヨークでの留学経験を持つCRAHUGのSNS担当。週末は作り置き料理を作る。好きなレシピアプリはクラシル。

Date: 2022.03.05

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND