今季のトレンドの一つ“シースルー”。おしゃれはしたいけど、肌が透ける感じにちょっとハードル高く感じる人も。一番目に入るトップスだと、高い難易度も、足元だったらこっそり。でも、ポイントになるおしゃれを楽しめます。
カラフルな色使いに目を引かれる<COQ>の靴下。ブルーやイエロー、キラキラのラメの糸など、2022SSコレクションが華やかに登場です。

>>COQの商品一覧はこちら

涼しい風は足元から

シースル―の素材なら、体感を涼しくしてくれるのはもちろんのこと、こなれ感も簡単に演出してくれます。特に、<COQ>の靴下には、繊細な細い糸が使われているので、この一足でより品のあるこなれ感を出してくれます。綿密に織られているので、透け具合も程よくエイジングレスで着用できます。

▲中に手を通した場合の透け感はこちら


カラーソックスという選択

ベーシックなカラーのスタイリングに、ぜひ合わせてほしい<COQ>の靴下。一見、デザイン性の高さに、スタイリングを迷いそうですが…ジーパンやコットン地の白いスカートに一点ポイントとして取り入れやすい靴下です。ちらっとのぞかせる、ラメの糸の輝きもまたおしゃれです。


あなたに寄り添う心地の良さ

これだけおしゃれな靴下でも、その履き心地は感動ものです。靴下工場の職人さんが 一つ一つ手作業で縫い合わせたつま先はフラットで、ごわつきを全く感じさせません。この季節だと、パンプスを履く機会が多いのでは?ポインテッドシューズの先が細いものでも違和感なく履けます。まだちょっと履くのは早いかなと迷うサンダルにも、履き合わせの良い一足となります。

  • KAJIHARA DESIGN STUDIO

    KAJIHARA DESIGN STUDIO

    テキスタイルデザイナー梶原加奈子が、札幌に構えるアトリエ COQ[こきゅう]。 緑の中でゆっくりと深呼吸する時間を過ごし、ものづくりの過程にある未完の余白を味わう。 「クリエイションを呼吸する場所」としてCOQは生まれました。 そのオリジナルブランドCOQでは、日本の産地技術を活かしたテキスタイルから生み出す、 ものづくりの魅力とこだわりが込められたファッション雑貨を展開しています。 テキスタイルを通して、自然から感じる曖昧で繊細な、だけど心が揺さぶられる瞬間の高揚を伝えていきたいと思います。

Text & Photo:
上野結佳

若手メンバーのお母さん的存在。学生時代にニューヨークでの留学経験を持つCRAHUGのSNS担当。週末は作り置き料理を作る。好きなレシピアプリはクラシル。

Date: 2022.04.22

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND