食べるのはどちらかというと大変で、食後は手がベタベタになる。でも、実がみずみずしくて、甘酸っぱくて食べるのをやめられない…!

そんなフルーツに出会ったのは去年の6月です。こんなにおいしくて、 βカロテン豊富で身体にもいいパッションフルーツはt(トン)単位で農業廃棄物として捨てられてしまうそうです。一度食せばそのもったいなさが読者のみなさんにも分かるはず。

今回ご紹介するBOTANICANONのパッションフルーツローションは、その”もったいない”を減らしてくれる逸品です。

>>BOTANICANON商品一覧はこちら

サスティナブルなスキンケアローション

パッションフルーツローションは、「人にも地球にもやさしいコスメ」を表彰するサスティナブルコスメアワードで2021年シルバー賞を受賞しました。今回は、サスティナブルな生産ストーリーをちょっとだけ探ってみましょう。

BOTANICANONの工場がある鹿児島の南端・南大隅町ではパッションフルーツが特産品になっています。特産品とあって、年間約15tもの数が出荷されるのですが、大体10%が農業廃棄物として処理されてしまいます。農業廃棄物といっても、キズ、色あせ、シワなどほとんどが中身には問題がありません。BOTANICANONの黒木さんはこういった農業廃棄物を無くすこと、そして生産農家の支援のために南大隅町内8つの契約農家さんとから無農薬のパッションフルーツを買い取っています。

買い取ったパッションフルーツは、工場内で蒸留、もしくはエキスが抽出されローションの原料となります。BOTANICANONの商品はすべて無添加・植物由来100%なので加水せず、パッションフルーツのみずみずしさをそのまま濃縮しています。

太陽の光に育てられたフルーツ

南国のフルーツ・パッションフルーツには抗酸化物質を多く含んだビタミンが豊富です。紫外線を浴びると肌の老化の原因となる活性酸素が発生。これに対抗するのが「抗酸化物質」です。紫外線の影響を受けやすくなるこれからの季節には、美肌効果を期待できる優秀なフルーツなんです。つまり、フルーツそのものを濃縮したエキスが、お肌に直接弾力とハリを与えてくれます。

洗顔後のスキンケアや日焼け後の焼けた肌のケアとしても、メイク後の化粧直しにシュッとひとふきすることもできます。さらに、パッションフルーツの香り漂うローションは、全身にも使用OK。気分転換に体に吹きかけるという使い方もオススメです。

南国の太陽をたくさん浴びたパッションフルーツの香りを楽しんでみてください。

  • 株式会社ボタニカルファクトリー

    株式会社ボタニカルファクトリー

    本島最南端の大隅半島にある鹿児島県肝属郡(きもつきぐん)南大隅町は、亜熱帯気候と温帯気候が混在し、風光明媚なところです。その町にある、旧「登尾小学校」の一部を製造工場としてリノベーションし、「地産化化粧品」を目指し2016年にスタートしました。ハーブウォーター(蒸留水)やアロマオイル、植物エキスの抽出など、原料づくりから製品までを一貫生産しております。お肌にも、環境にもやさしい「サスティナブルコスメの追求」が商品づくりの基本です

Text & Photo:
上野結佳

若手メンバーのお母さん的存在。学生時代にニューヨークでの留学経験を持つCRAHUGのSNS担当。週末は作り置き料理を作る。好きなレシピアプリはクラシル。

Date: 2022.03.10

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND