寒さが身に沁み、徐々に秋の終わりを感じるようになりましたね。重ね着を楽しめるこの季節、ついつい新しい服が欲しくなってしまいます。しかし、今着たい!と思い買ったお洋服、気候と合わず少ししか着られなかった。そんな経験ありませんか? せっかくなら、秋だけではなく長く着られるものを買いたい。今回ご紹介するニットとカーディガンはオールシーズン着用可能です。

WHITE MAILSとは

自然からの恵みに感謝して和紙糸を使用した素材や製品を開発し、安心感のある心地よい暮らしを求めている人たちに届けていきたいという想いから生まれたブランドです。の商品は和紙糸を使用していることが特徴です。和紙は吸水性・吸放湿性に優れており、比重は綿と比べて1/3と非常に軽く快適な素材です。原料のマニラ麻(アバカ)は育成が早く、環境への負担が少ない植物としても注目されています。

ご紹介する2型は和紙が持つ吸放湿性や保温性によりオールシーズンに対応できます。秋や春では1枚で決まる便利アイテムとして、冬にはコートやアウターのインナーとして活躍間違いなしです。

No.1 WASHI&MOHAIR RIB KNIT OVERSIZED カーディガン

しっかりとしたリブ編みで、オーバーサイズなシルエットが特徴。大きめのパッチポケットがあり、アウター感覚でも着用していただけます。

【秋冬の新作】WASHI&MOHAIR RIB KNIT OVERSIZED カーディガン/¥28,600(税込)

素材には希少な「キッドモヘア」を採用。モヘアとはトルコのアンゴラ地方を原産とするアンゴラ山羊から採取した毛のこと。なかでも、キッドモヘアはアンゴラ山羊の1歳までの初毛を指します。

アンゴラ山羊のモヘアは、全生産量が世界の天然繊維生産量の0.05%以下ととても希少。さらに、キッドモヘアと呼べるのは生後1年未満の子山羊から刈り取った初毛だけ。収穫量が極めて少なく(モヘア全収穫量の約1/6程)、貴重なモヘアです。

キッドモヘアの繊維は、カシミアに近いミクロカウント(25~27ミクロン)。モヘアのなめらかさ・軽さ、カシミアの柔らかさを併せ持つ素材です。さらに、保温性・放湿性にも優れています。

キッドモヘアのなめらかな手触りと光沢が上質感を生み出し、更にその中に和紙糸をMIXすることで柔らかな風合いでありながら絶妙な弾力性とはりこしが表現されています。

No.2 WASHI&COOMA LAMBS RIB KNIT CREWNECK セーター

程よいリラックス感が特徴のクルーネックセーター。しっかりとしたリブ編みですが、スウェットのような立体的なシルエットで着心地も〇。

【秋冬の新作】WASHI&COOMA LAMBS RIB KNIT CREWNECK セーター/¥24,200(税込)

素材には「クーマラム」を採用。

クーマラムとは、オーストラリア南東部の牧羊地クーマで育つメリノ種の仔羊の生後6ヶ月までの毛。ちなみに、上品な光沢感や柔軟性・弾力性に富むことから『毛糸の芸術品』とも呼ばれています。 そんなクーマラムに和紙糸をMIXすることで絶妙なはりこしと膨らみが表現されています。

オールシーズンに対応可能、和紙からできたニット・カーディガンのご紹介でした。 今回ご紹介できなかったアイテムも毎日のコーデに活躍するラインナップばかりです。ぜひ、下のリンクからのアイテムをチェックしてみてください。

>>WHITE MAILSの商品をもっと見る

  • 備後撚糸株式会社 | ヒロタ株式会社

    備後撚糸株式会社 | ヒロタ株式会社

    和紙と育む、心地よい暮らし 和紙は快適な機能性を持った丈夫な素材として 日本人の暮らしのなかで昔から大切に使われてきました。 WHITE MAILSは、この自然からの恵みに感謝して 和紙糸を使用した素材や製品を開発し 安心感のある心地よい暮らしを求めている人たちに 届けていきたいという想いから生まれたブランドです 私たちは、これからの未来に向けて人と自然が 循環し共生していける社会作りに貢献していきたいと思います。

Text & Photo:
日比野史明

眼鏡は伊達です。2年弱で伸ばしたロン毛を切りたい衝動に駆られています。

Date: 2022.11.01

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND