みなさんは、自分が生まれた月の「誕生花」をご存知でしょうか。emblandでは毎月、誕生月の花をモチーフにしたアクセサリーを制作しています。花言葉に思いを込めて自分へのご褒美や、大切な人への誕生日プレゼントに。耳元に誕生月の花を咲かせて、いつもより少し華やかな気分でお出かけしてみませんか?今回は4~8月の「誕生花ピアス」のご紹介です。

4月の誕生花ー桜

花言葉ー『精神の美』『優美な女性』 春の訪れとともに、古くから日本人の精神の象徴として愛されてきた桜。そんな桜の花言葉は「精神の美」。そのしとやかな美しさを表すようですよね。

3つの桜の花が連なって耳に沿う春らしいピアスです。ピンクのグラデーションと、キラッと光る花芯の金糸がアクセント。花びらの形に合わせて丁寧に刺繍しているため、ふっくらとした優しい質感になっています。

5月の誕生花ー鈴蘭

花言葉ー『幸福の再来』『純粋』『純潔』『謙遜』 すずらんは、茎から垂れ下がった花の姿が鈴のようにかわいらしい花です。ヨーロッパでは聖母マリアの花とされることから、「純粋」「純潔」という花言葉が付けられました。

揺れるスズランが可愛らしい、軽やかなピアスです。立体感を表現するために2つの刺繍パーツを組み合わせ、モチーフが自然に揺れるように接続部分を工夫しています。金糸をメインに使用しているので、様々なコーディネートに合わせやすいです。

6月の誕生花ー紫陽花

花言葉ー『和気あいあい』『家族』『団欒』 色の移ろいが特徴的なあじさい。花の色ごとに違った花言葉を持ちますが、今回紹介した花言葉の「和気あいあい」「家族」は小さな花が集まって咲いているようにみえることが由来と言われています。

7つの小さい花が集まり、本物の紫陽花の様に立体的な珠状になったピアスです。優しいサックスブルーとラベンダーの花びらが入り混じり、アクセントに花芯の銀糸がキラッと光ります。一点で固定されているので、刺繍の花が耳元で可愛らしく揺れてくれます。

7月の誕生花ーマリーゴールド

花言葉ー『健康』『変わらぬ愛』 マリーゴールドの名前の由来は、年に10回ほどある聖母マリアの祭日に、花期の長いマリーゴールドがいつも咲いていることから、聖母マリアの黄金の花、「マリーゴールド」と呼ばれるようになりました。

ビタミンカラーのマリーゴールドのお花が、夏にぴったりのピアスです。花びらの重なりを、繊細なグラデーションで表現しています。リーフモチーフは別パーツで取り付けているため、動きのあるデザインとなっています。

8月の誕生花ー向日葵

花言葉ー『あなただけを見つめている』『愛慕』 夏のといえば、ひまわり。放射状に開く大きな黄色い花は、古今東西、歌や絵画の題材にもされるほど世界中の人々に愛されています。花が太陽を追いかける性質があることあることから、「あなただけ見つめてる」という花言葉が付けられました。

大ぶりの向日葵ピアス。中心部分はふっくらと金糸が刺繍されており、見る角度によって陰影が変わるため、耳元を華やかに演出してくれます。元気なイエローとエレガントなゴールドの組み合わせなので、きれいめカジュアルなスタイルにも合わせていただけます。

Text & Photo:
田副太一

独自のセンスが光るカメラワークとユニークなキャラクターが癖になる、CRAHUGの撮影・イベント担当。毎週火曜日に映画を見行くのがライフワーク。写真は愛犬のハル。

Date: 2022.09.10

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND