CRAHUGスタッフが実際に日々の暮らしの中で愛用しているアイテムを、自由気ままにご紹介する【スタッフの愛用品】のコラム。かなりお久しぶりの投稿になりますが、今年もゆるりとお付き合い願います。

昨年11月に、バブーシュを2足買いました。

そもそも、バブーシュってスリッパと何が違うの?とお思いの方、調べました。「バブーシュ」は、かかとがあってかつ折りたたまれているもの、「スリッパ」は元々かかとの無いものを言うんだそうです。勝手に、おしゃれなものをバブーシュと言うのだとばかり思ってたら全然違いました。

今回ご紹介するバブーシュは、昨年の夏に出会ったパンダ企画さんのブランド「LOOM&SPOOL」のもの。ジュートとコットンオックスの素材でできたバブーシュで、一見「あ、春夏物?ジュートってことはさすがに冬は寒いよね?」と思いますよね。

ええ、違うんです。 寒い冬でも大活躍、年中使えるバブーシュなのです。

このバブーシュは札幌の宿泊施設「COQ」でも使われています。

冬こそ難しい足元の冷えと蒸れ

家の中でもキッチンだ、お風呂場だ、洗濯機が呼んでいるなどと狭い家を右往左往歩き回っている私は、実はモコモコ靴下が苦手。モコモコならではのもっさりした見た目と、ふわふわした素材のお蔭で家じゅうのホコリを付けてしまう切ない足裏に加えて、温度調節ができなくて暑くて脱ぐ&寒くて履くを繰り返す始末。一方、スリッパはいつもどこかへ行ってしまい、一度脱いだら二度と出会えないという運命で、冬の足元の正解が分からない日々を過ごしていました。

でも、LOOM&SPOOLのバブーシュは違います。ジュートのイメージとは反対のチクチク感のないさらりとした肌触り、足を入れてもひんやり感は特になく、ジュートの放湿性の良さで冬こそ蒸れやすい足元がいつも快適に過ごせます。通常のスリッパよりも横にゆとりのあるサイズ感なので締め付けもなく足入れがスムーズで、地厚な靴下でも問題なく一日中履いていてもストレス無し。デザインも家のインテリアにぴったり。(脱いで行方不明になってもすぐ見つかります)

使ってないを使うこと。

実はこの素材、元々バッグに使われるために開発されたものがイメージ違いで採用されず、長い間倉庫に眠っていたもの。使っていないものを使うことで無駄をなくし、新しい価値のあるものに変えていけるなんて素敵ですよね。ジュートなのに柔らかいのは特殊なバイオウォッシュ加工のおかげ。ジュート本来の通気性・防臭性はそのままに、素足でも履けるレベルの柔らかい風合いに仕上げているのだそう。なるほど、そういうことだったのか。

家族3人での取り合い

我が家では、このバブーシュの大人サイズを2足購入したものの、娘がここぞとばかりに気に入っていつも横取りされています。さっきまで自分が履いてたのに、気づいたら違う人が履いている、家族3人の中で行われる謎のバブーシュシャッフル。

さりげなく付いているブランドネームもかわいいポイント。(撮影協力:日曜の朝のお父さん)

残念ながら子供サイズはないのですが、客用も含めて追加発注を検討中。(只今チャコールは完売中で春に再販予定、ベージュは在庫あり)ここまでバブーシュを推して来てなんですが、スリッパもあるので気になる方は要チェックです。

LOOM&SPOOL/JCOバブーシュ

¥3,300(税込)

詳細を見る
LOOM&SPOOL/JCO前開きスリッパ

¥2,750(税込)

詳細を見る

いかがでしたでしょうか。スタッフの愛用品紹介、これからも細々と続きます。

Text & Photo:
酒見ひばり

CRAHUGプロジェクトマネージャー。アパレル業界で店舗営業からEコマース、WEB販促など幅広く経験。ついに4歳になった娘を持つアラフォー母。

Date: 2023.01.12

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND