改めて、HOMEを辞書で引いてみた。

HOMEという言葉は家や家族という意味だけではなく、心理的な”心の安らぎ”という意味も内包しています。自分の家を思い返してみてみると、あちこち散らかっていて、心の安らぐ我が家とは程遠いかも...?そう思った方多いのではないでしょうか。家で過ごす時間が増えたからこそ、今まで目をつぶっていたことが余計に気になるようになったかも。

この特集では家の中におけるいくつかのシーンにスポットを当てて、毎日の暮らしが心地よくなる商品を紹介していきます。今回の記事では、①朝の準備と②ご自宅でのリモートワークの2シーンをピックアップ。一日の始まりから心安らぐ日常を、CRAHUGの商品を交えてご提案します。

SCENE01:朝の準備 一日の始まりから、いいスタートを

いつもより早く起きて、用事を済ませる。お弁当を作ってみたり、いつも読まない新聞を読んでみたり、コーヒーを入れてみたり。その日を気持ちよく始めるには、朝をどのように過ごすかが重要です。気持ちの良い朝を迎えられたら、きっといい一日になります。そんな朝のひと時をより一層充実させるために。

ブロッキングチュニック / 〈WHITE MAILS〉PAPER PILE URAKE BLOCKING TUNIC / ¥19,890(税込)

朝一番、鏡に映る自分が着ているスウェットがよれよれだと気持ちが乗りません。軽快なスタートダッシュを切るために、せっかくだから一新してみてはいかがでしょう。モデル・香菜子さんが着ているのは 〈WHITE MAILS〉のブロッキングチュニック。ゆったりとしたシルエットで、家でのくつろぎの時間を邪魔しません。和紙の糸を使っているから軽くてふんわりとした肌触りで、一日中着ていたくなるそんな洋服です。部屋着としてはもちろん、街着としても活躍してくれる汎用性の高いアイテム。そして洗濯可能というのも、嬉しいポイントです。

化粧水/〈BOTANICANON〉ホーリーバジル/¥2,420(税込)

「口にするもの、肌に触れるものはやっぱり天然のものがいい。」多くの人がそう言うのだから間違いないのでしょう。もちろん、千差万別、好みはあると思いますが。これは鹿児島の工場で作られてい〈BOTANICANON〉の化粧水。このブランドの商品は全部無添加というこだわりよう。防腐剤、合成着色料、アルコール、人工のものは一切入っていません。天然のものだからこそ使う人を選びますが、合う人にはものすごく合うみたいです。使い始めは違いが判らないかもしれないけれど、こういう小さな積み重ねがあなたの将来を大きく変えるのかもしれません。

オイル/〈神代椿〉-金-/ ¥1,980(税込)

これもオーガニックの商品、〈神代椿〉のオイル。東京都にある利島という島で作られています。馴染みのある東京に島があるなんて、何度聞いてもやっぱり不思議。この商品の特徴は文字通り”口にできる”ところです。無添加を追及しているからこそ、なんと食用油としても使えるのです!たいていは髪や体に、保湿のために使うことが多いそう。利島に自生している藪椿の種子から丁寧に精製されて出来上がったオイル。東京にある島に想いを馳せながら使ってみてはいかがでしょうか。

SCENE02:ご自宅でのリモートワーク 家での仕事もストレスフリーに

憩いの場所であった自宅もすっかり第二の仕事場へと様変わりしました。通勤しなくて済むのはいいけれど、その分切り替えがあいまいになり気持ちが乗らないことも。それにただでさえ家で仕事するには誘惑が多いですよね。せめて身に着けているものだけでもストレスフリーに、気分が高揚するものを。

バンドカラーシャツ /〈WHITE MAILS〉COTTON PAPER WASHED POPLIN BAND COLLAR /¥20,900(税込)

在宅勤務で多くの人を悩ませているであろう、恰好問題。スーツを着れば間違いはないけど、なんだか固くて真面目な印象を受けるし、かといっていつものスウェットじゃだらしない。無難にシャツを選んでいる方多くいるのではないかと思います。そんな人にお勧めしたいのが〈WHITE MAILS〉のバンドカラーシャツです。ポイントはバンドカラーというところ。ピンとこない人のために説明するとシャツとTシャツのいいとこどり、簡単に言うとそんなイメージです。衿がない分すっきり見えて、ずいぶんこなれた印象になります。着心地良くて、きっちりして見える。そんな洋服を着ませんか。

ワイドデニムパンツ /〈WHITE  MAILS〉SELVEDGE DENIM WIDE/¥27,500(税込)

オンライン会議があるからと、トップスは着替えてパンツはパジャマのまま。油断して立ちあがったら着替えていないことがばれてしまった、よく聞く話ですよね。そんな恥ずかしい想いをしないためにもパンツまで着替えましょう。「着替えるのはいいけど、デニムは固くていやだな。」と思っている方ちょっと待ってください。〈WHITE MAILS〉のデニムは皆さんの想像するデニムとは一味違います。通常のデニムとは異なり、緯糸に和紙の糸を使用しているため、非常に軽い質感で快適な履き心地です。和紙とコットンのハリ感のある生地は履きこむごとに表情を変えていきます。リモートワークの期間にこのデニムを育てていくという目標を掲げると、もうパジャマではいられないはずです。

ストール /〈nitorito〉mountain&moon/¥17,600(税込)

寒かったり、暑かったり、季節の移ろいを肌で感じるようになりました。前日との気温差が10度以上なんてこともざらにあって、寒暖差でくしゃみや鼻水が引き起こされる寒暖差アレルギーなんてのもあるみたいです。家で仕事をしているときも温かく過ごしたいものですよね。そこで役に立つのが〈nitorito〉のストール。この「mountain&moon」はウールとコットンの混紡でしっかり厚みもあって、とても温かいです。デザインのモチーフはこのストールが作られている山形県米沢の夜空。家での仕事が終わったらこれを羽織って星を見に行くのもおすすめです。

靴下 /〈COQ〉サンドグラスソックス/¥2,750(税込)

「冷えは足元から。」「おしゃれは足元から。」生活の中であんまり目立つことのない足元は、実は重要な役割を果たしているのかもしれません。この二つのわがままを解決してくれる一石二鳥な商品がこちら。〈COQ〉の「サンドグラスソックス」。特徴的な毛足の長い表情は、見た目から温かそうだし、配色もおしゃれ。そしてこの商品の最大の特徴はリバーシブルで使える点です。ということは裏返しのまま洗濯しても、そのまま履くことが出来るということ。靴下を裏返しに脱ぎっぱなしにしてしまう、ずぼらなあなたに朗報です。つまりは温かさも、おしゃれさも、ずぼらさも解決してくれる。実は一石三鳥でした、この商品おすすめです。

以上いかがでしたでしょうか。第2弾は料理とくつろぎのシーンを提案します。10/25(月)公開予定です、こうご期待! >>掲載商品一覧はこちら

photo:wataru takagi hair&make-up:miyu sekiya(B-side) model:kanako(friday) direction:CRAHUG

Text & Photo:
宮﨑涼司

人一倍、服が好きなCRAHUGのジャーナル担当。給料のほとんどをファッションへ投資する。好きなメディアは「AWW MAGAZINE」と「NEUT MAGAZINE」

Date: 2021.10.18

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND