福岡県久留米市の老舗スニーカーメーカー〈ASAHI SHOES〉より、シンプルで都会的なレザースニーカーのご紹介です。

〈ASAHI SHOES〉の数あるブランド中でも、〈ASAHI〉に込められたこだわりはスニーカーファンも唸らせるほど。スニーカー作りの源流とも言える「バルカナイズ製法」は、熟練のクラフトマンの「手」と時間をかけて完成する製法で底とアッパーの結合が強く、底が剥がれにくい、型崩れしにくいという特徴があります。都会的なデザインにこだわり抜かれた製法。この二つが混じり合う独特なバランス感が「レザースニーカー」のシックさの秘密かもしれません。

「ASAHI L017 レザースニーカー」はオリーブ、グレー、ブラックの三色展開。

30℃越えの気温と75%以上の湿度、今年も日本の夏は暑くなりそう。なにかとカジュアルになりがちな夏の装いにも、コーディネート全体を引き締めるスパイスとして下駄箱に忍ばせておくことをおすすめします。

  • アサヒシューズ株式会社

    アサヒシューズ株式会社

    120年以上の歴史で培った、 靴づくりへのこだわり。1892年創業者先代石橋徳次郎が久留米市で前身となる仕立物業「志まや」を創業。 以来、「快適」な靴で「健康」を足元からサポートする、 そんな想いで、お子さまから高齢者までがしっかりと楽しく歩ける靴作りを行っています

Text & Photo:
田副太一

独自のセンスが光るカメラワークとユニークなキャラクターが癖になる、CRAHUGの撮影・イベント担当。毎週火曜日に映画を見行くのがライフワーク。写真は愛犬のハル。

Date: 2022.06.24

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND