【特集】WHITE MAILSのシャツで過ごす、早秋の休日

食欲に運動に芸術、秋の行楽を代表する言葉は不思議といっぱいありますが、詰まるところ「お出かけの秋」。WHITE MAILSのシャツと共に、早秋の休日を堪能します。



今回お邪魔したのは葛飾区柴又。映画『男はつらいよ』の舞台となった昭和の下町は今も当時の情緒が漂っています。駅についたのなら、寅さんと記念写真をパシャリ。なにはともあれ、まずは帝釈天に御参拝です。




寅さんと帝釈天にご挨拶を済ませたのなら、次は『邃渓園』で日本庭園を鑑賞。

回廊を散策しながら、日本庭園を眺める。字面だけ見るとなんて優雅な休日なんだと思いますが、優雅な風景を横目におしゃべりするのは毎日のなんでもないことだったりしますよね。


柴又帝釈天の別名は『彫刻の寺』、彫刻ギャラリーで巨大な『法華経説話彫刻』を鑑賞することができます。「こんなところまで彫ったの?」と、時間を忘れて見てしまいます。

美術鑑賞が終わったら、待ちに待った食べ歩き。なんてったって食欲の秋ですからね。『川千屋』の鯉を眺めながら、「川魚って食べたことある?」なんて会話をしながら辿り着いたのは、亀屋本舗のお団子。軒先のベンチで座りながら頬張っていると涼しい風が吹いてきて、ここでも秋を感じることができた。

日本庭園に彫刻と思いがけない出会いもありながら、「たくさん歩いたから」って口実で思う存分甘いものも食べられる。食と芸術と運動と、秋の魅力を堪能することができる町、柴又に是非一度足を運んでみてはいかがですか?

〈WHITE MAILS〉のアイテムはいたってベーシック。落ち着いた色味と直線的なシルエットはどんな洋服と合わせても違和感がないだけではなく、全体の印象を整えてくれます。ショーツと合わせてもスポーティになりすぎず、ロングスカートと合わせてもガーリーになりすぎない、そんな丁度いいバランスをとってくれます。


Text & Photo:
田副太一

独自のセンスが光るカメラワークとユニークなキャラクターが癖になる、CRAHUGの撮影・イベント担当。毎週火曜日に映画を見行くのがライフワーク。写真は愛犬のハル。

Date: 2022.09.15

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND