1日の寒暖差が開いてきて、夜は肌寒く感じる日も増えてきましたね。日中は半袖で過ごすことも多いですが、先月までと同じ服を着るのは何か違う。ちょっと見た目が涼しすぎる。何となくこの季節の変わり目というのはファッションに困る季節なのではないでしょうか。そんなときはまず足元から装いを変えることをオススメします。

カラフルなデザイン、立体感のあるテクスチャ―を感じる

カラフルな配色が特徴的な〈COQ〉の靴下。CRAHUGのクリエイティブディレクターでもある梶原加奈子氏がディレクションするこの一足はデザイナーならではの発想がたくさん詰まっています。一足一足にストーリーがあるので全てご紹介したいところですが…今回は秋冬の新作商品を抜粋して紹介します。 商品写真を見てすぐに目に留まるデザイン性の高さは、まさに〈COQ〉でしか出会えません。配色の多さももちろんポイントですが、細かい花柄のデザインから幾何学的なシンプルなものまでバリエーションがあるんです。

01. タヌキアライグマ ソックス

例えば、この靴下は「タヌキアライグマ」という商品名です。「COQ」のアトリエ*の近くで見かけたタヌキなのか、アライグマなのか…動物を幾何学模様で再現しています。北海道のアトリエは豊かな自然に囲まれており、こういった自然の中から着想を得たデザインが多くあります。もう一つこの靴下には仕掛けがあって、こちら”リバーシブルの靴下”なんです。普通、柄の靴下って裏返すと表地の柄が分からない作りになっていますよね。梶原氏はその点を、靴下工場さんと共に長年独自に開発されてきました。「タヌキアライグマ」の異なる長さの毛の立ち具合は、まさに動物の毛が動く様を感じられます。逆の面を表にすれば、一変して秋冬の落ち着きを感じる靴下に変わります。気分や服装によってこの一足で雰囲気を変えられるのは、楽しい仕掛けの一つではないでしょうか。

タヌキアライグマ ソックス ¥2,750(税込)

*梶原氏が生まれ育った北海道に、「COQ」はクリエイションを”コキュウ”する場所としてアトリエを構えています。川や森に囲まれたアトリエでは、靴下といったテキスタイルの販売のみならず、レストランや宿泊施設も併設されています。

02. ノースガーデン ソックス

同じく北海道の自然から着想を得た靴下でも、北国の動物や自然が集い寛ぐガーデンを描いた細かい柄が特徴的な「ノースガーデン」は違った表情を持ちます。立体感という共通項を持ちながらもメッシュやラメ糸を使用し、光沢感や凹凸感がまた一味違います。冬にメッシュ?寒いんじゃない?違うんです。むしろタイツと合わせて履きやすいんです。せっかく凝ったデザインの靴下を履くなら、足元が見える形で履きたいですよね。でも、足首が見えるパンツやスカートに靴下だけだと肌寒い季節。おしゃれは我慢!なんて言わずに、防寒しながらおしゃれを楽しんでみてください。

ノースガーデン ソックス ¥2,750(税込) ※本記事のTOP画像はこちらの商品の色違いになります。

03.サンドグラス ソックス

最後にちょっとビビッドなカラーの幾何学模様の「サンドグラス」のご紹介です。カラーバリエーションが上記2商品と比べると少なく、こちらもリバーシブルですが毛が出ていない面はどこか落ち着きを感じます。こちらの「サンドグラス」は寂しくて楽しい両方の気分をドットのグラデーションで表現しています。ドットのグラデーションはどことなく涙にも見えるし、ポップなドットにも見えるし、履く人の気持ち次第で見える柄が変わってくるような気がします。「タヌキアライグマ」と比べて毛が立っている面はより色合いがはっきりしています。久々のお出かけに、いつもの部屋着にちょっとアクセントを、そんな時はひっくり返して毛が表に出るようにしてみてください。

サンドグラス ソックス ¥2,750(税込)

この秋冬はあなたのお好みの一足ではじめる

なんと言ってもこのファーが出るリバーシブル仕様は今のところ秋冬でしかみられない商品です。見た目だけでなく、もちろん履いても温かい〈COQ〉の靴下で今年の秋冬の準備を始めてみてください。今回紹介した商品は各3色展開なので、お好みのデザインとカラーを選べば、きっとあなたの気分も心地もちょっと上げてくれる一品になります。

※今回紹介した商品は、9月下旬より発送予定の予約商品になります。

  • KAJIHARA DESIGN STUDIO

    KAJIHARA DESIGN STUDIO

    テキスタイルデザイナー梶原加奈子が、札幌に構えるアトリエ COQ[こきゅう]。 緑の中でゆっくりと深呼吸する時間を過ごし、ものづくりの過程にある未完の余白を味わう。 「クリエイションを呼吸する場所」としてCOQは生まれました。 そのオリジナルブランドCOQでは、日本の産地技術を活かしたテキスタイルから生み出す、 ものづくりの魅力とこだわりが込められたファッション雑貨を展開しています。 テキスタイルを通して、自然から感じる曖昧で繊細な、だけど心が揺さぶられる瞬間の高揚を伝えていきたいと思います。

Text & Photo:
上野結佳

若手メンバーのお母さん的存在。学生時代にニューヨークでの留学経験を持つCRAHUGのSNS担当。週末は夜な夜な料理に勤しむ。

Date: 2021.09.14

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND