海外を訪れていると日本食が恋しくなる…なんてことをよく耳にすると思います。日本人なら誰しもあのお味噌汁の味や、畳の香りにどことなく落ち着くのではないでしょうか。今回ご紹介する〈ちょうちん堂〉の「cocolan Muji ちょうちんライト」はそんなどことなく落ち着くような、心や暮らしをじんわりと灯してくれるような商品です。

>>ちょうちん堂の商品はこちら

ココランラン。 ココロノランタン。

商品名である「cocolan」とは、心がコロンと軽くなる。心躍る、あかり。よりそう、温もり。あなたのそばに。そんな想いが込められているそう。小さな空間にすっきり暮らし、ちょっとしたセンスや遊び心を取り入れる。今の暮らしに似合う提灯インテリアが、「cocolan」です。

「cocolan」は、日本茶と伝統工芸の郷八女で、長年お盆提灯を手掛けてきたシラキ工芸が心を込めて一つ一つ手作りで仕上げています。若い女性職人が中心となり、ちいさな提灯を丁寧に貼り付け皆さまの元へお届けいたします。また、電球はLED電池灯なので枕元で灯していても火事の心配はなく、約50時間も温かみのある光を灯してくれますよ。

そばに置いて、可愛がってあげて

「cocolan」はちょこんとした佇まいで、お部屋を彩ってくれます。お部屋の角に置いてみたり、枕元に置いてみたり、ちょっとしたラックに置いてみたり…。ちいさくてコロンとした「cocolan」はもちろん持ち運びもラクチン。お部屋のどこに置こうかとワクワクしませんか?

日本の仏壇に欠かせなかったお盆提灯。家族も住まいもコンパクトになるにつれ昔ながらの仏壇や提灯のあるお家が少なくなりました。そんな今の暮らしに寄り添える、普段づかいしやすい提灯を提案したい思いから、「cocolan」は誕生しました。

職人さんの想いをちいさな体にたくさん詰めて。あなたの心と暮らしをそっと灯す「cocolan」。是非そばに置いて、たくさん可愛がってあげてください。

>>シラキ工芸のインタビューはこちら

  • 有限会社シラキ工芸

    有限会社シラキ工芸

    豊かな自然に恵まれ、九州最大の伝統工芸集積産地であります八女の地において当社は提灯(火袋)を作り続けてまいりました。八女提灯の長い歴史と先人の培ってきた製造技術、そしてこの美しいデザインは日本を代表する工芸品であり、またこの様な仕事に携わり、作り続けている事に感謝の念と誇りを感じています。「技」を伝統として正しく受け継ぎ、若い職人を育て、また時代時代の発達した技術を活用し、現代のライフスタイルに溶け込んだ商品をこれまでの価値観にとらわれることなく、提案してゆくことが私どもの使命と考えております。そして、その中で生まれる『新しい』を皆さまへお届けしていければと願っています。

Text & Photo:
及川 理菜

理系出身、金髪ショートが特徴的なCRAHUGのEコマース担当。地元・岩手と愛猫のコテツをこよなく愛する。モードな印象の服が好み。好きな芸人は霜降り明星。

Date: 2022.01.10

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND