「あれ、これってどんな漢字だったけ...」役所の受付で、病院の待合室で、家電屋のレジで、ボールペンを動かす右手が止まることが増えた。スマートフォンの上ならスワイプする右手が止まることはないのに。文字を書くだけではなく近頃は紙に触れる機会がだんだんと減っているように思えます。無駄な紙を使わなくなることは地球にもやさしいけれど、なんだか少し寂しいような気もする。。じゃあいっそのこと文字を書かないなら着てみよう。〈WHITE MAILS〉 より和紙の糸でできているロングスリーブTシャツを紹介します。

日本の工場と職人の結晶

〈WHITE MAILS〉のひとつひとつは、ただ単に素晴らしい糸や生地でできているというだけではなく、日本ならではの技術や機械を継承し続けている工場と支える職人の「想い」も一緒に込められた結晶のようなもの。「未来の人に手紙を届ける」という〈WHITE MAILS〉の名前の由来のように「想い」を長く続く未来へ届けていきたい、そんな思いが込められています。

糸は和紙。機能性もいとをかし。

今回紹介するロングスリーブTシャツの糸は和紙。清少納言が四季の美しさを謳った、葛飾北斎が富士山を36か所のアングルから描いたのと同じ和紙です。 和紙はさらりとした触感、紙特有の見え方などの特徴のほかにも天然素材でありながら、人工的につくった素材のような機能性があります ・調湿機能(吸湿性と放湿性) ・優れた通気性 ・吸水性、吸汗性 ・乾燥性と発散性 ... などなど日本古来から人々の思いを届けてきた和紙は着ることによってまた違う顔を見せてくれます。

―HIGH GAUGE URAKE MOCK NECK TEE 表側は細目のコットンを日本でも希少な機械を使い超高密度に編みたてることによってハリコシとしなやかな光沢感が、裏側には和紙糸を使うことによって程よいふくらみ感を演出しているスウェット素材です。ちょうどTシャツとスウェットの間くらいのちょうどいい厚さ。

ーLOOSE FIT LONG SLEEVE POCKET TEE 和紙素材とコットンをMIXしたベーシックなクルーネックTシャツ。80番という細番手のコットンと和紙素材で最も細いと言われる44番の太さの糸を1本に撚り合わせて、ストレッチ性の優れたベア天竺に編み立てた素材です。豊かなストレッチ性により程よくフィットしながらも和紙混素材ならではのさらっとした肌触りが楽しめます。

―COTTON PAPER LONG SLEEVE TEE ゆったりとしたルーズシルエットのクルーネックTシャツ。44番の太さの和紙素材の糸とポリエステルの糸を1本に撚り合わせて作った糸を、更に2本引き揃えて限界まで高密度に編み立てています。しっかりとした厚みを持ちつつ程よいドレープ感と和紙素材ならではの独特の手触り感が特徴です。

〈WHITE MAILS〉はユニセックスで作られている。男女でデザインをわけていないから生地を切るときに出るゴミも少ないです。1年中着られる心地よさとさらりとした触感。和紙のある生活をしてみませんか?

Text & Photo:
田副太一

独自のセンスが光るカメラワークとユニークなキャラクターが癖になる、CRAHUGの撮影・イベント担当。プライベートでは多くの時間を美術館で過ごす。写真は愛犬のハル。

Date: 2021.09.16

この記事をシェアする

CRAHUG編集部・おすすめの記事はこちらです

RECOMMEND